書家・書道 鈴木猛利のオフィシャルウェブサイト 

  • Facebook
  • Twitter
formats

『関雎之楽』(かんしょの たのしみ)

『関雎之楽』(かんしょの たのしみ)

「関」は「関関」の略で、和らいだ鳴き声、
「雎」は「雎鳩(しょきゅう)」の略で、水鳥のミサゴ。

かんかんとミサゴが鳴いている。
その姿は優美で、なんとも平和である。

写真は、2013年9月6日 六本木稽古場オープニングパーティー。

水引と桔梗。

六本木稽古場
http://keicoba.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Home BLOG 『関雎之楽』(かんしょの たのしみ)