書家・書道 鈴木猛利のオフィシャルウェブサイト 

  • Facebook
  • Twitter
formats

書話 其の5 「空間性」

書は、二次元に定着する造形芸術。

安定した空間と均斉・均衡によるバランスで表現する。

文字以外の余白は絵画と異なり、

有を内包する東洋的な、無の空間といえる。

また、先に“二次元に定着する造形芸術”と挙げたが、

揮毫の書は、三次元の表現芸術といっていいだろう。

空中を描く筆の動きが、二次元の世界にカタチとして残されていくのだ。

六本木稽古場 書道教室

http://keicoba.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Home BLOG 書話 其の5 「空間性」