書家・書道 鈴木猛利のオフィシャルウェブサイト 

  • Facebook
  • Twitter
formats

言葉

過日、友人の音楽会に足を運んだ。

日本歌曲のコンサートで、香りとのコラボレーション。

大好きな武満徹の歌曲集「SONGS」から数曲歌ってくれた。

以前、別の方のコンサートで同じ曲を聴いたが、

全く感じ方が違かった。

どちらが上手いとか、どちらが好きとかではなく、同じ曲なのに違う。

言葉にした途端、決定的に損なわれる何か。変化する何か。

形として残らない感情が音楽の醍醐味なのか。

音と香り、見えないもの同志がいろんな風景を見せてくれた。

六本木稽古場 書道教室

http://keicoba.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Home BLOG 言葉