書家・書道 鈴木猛利のオフィシャルウェブサイト 

  • Facebook
  • Twitter
formats

『個展にあたって-無為-』

IMG_5607

 

『無為』

『無為』とはどういう意味か。
考えると書けなくなる。
考えないと書けない。

書とは、造形美としてのデザイン性だけでなく、
書き手の精神性と見る側の受動性で成り立つ。

ただ格好つけただけの飾った字にならぬように。
技術だけを競った字にならぬように。

この二文字は何百枚と書き込むことをやめると決めた。
使う紙も普段買えないものを一枚だけ買った。
墨も二文字使う分だけ摺った。

自分の自然な姿が字になるように。
今までで一番へたくそな作品をじっくり見てもらいたい。

 

 

『 鈴木猛利書展 -茶辞- 』
茶は私の書の在り方を導いてくれました。
今回は、茶を通して出会った言葉の展示です。

■会 期:2014年11月10日(月)〜12月13日(土)午前9時〜午後5時
※日曜・祝日定休

■場 所:八雲茶寮
東京都目黒区八雲3-4-7
03-5731-1620

http://yakumosaryo.jp

■作家在廊:11月22日(土)、11月29日(土)、12月6日(土) 午後3時より5時まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Home BLOG 『個展にあたって-無為-』