書家・書道 鈴木猛利のオフィシャルウェブサイト 

  • Facebook
  • Twitter
formats

茶辞【艸人木】 

11350498_10206344096742564_613541932348290545_n
【艸人木】

「草人木」は茶の字を艸、人、木に分けて析字したもの。
人は、草と木の間にある。人は自然の一部。
敬いの心を大切に。

6月に開催される、
《茶人 珮如(ペルー) ~台湾茶と道具展~》 の御案内です。
川越のうつわノートさん開催に続き、京都展です。
一つ一つ丁寧に作られた茶道具は、
眺めているだけでたくさんの風景をみせてくれます。

今回はその展示に書を添えて、茶辞を数点展示して頂きます。
また展示中は茶の販売もしており、
パッケージは一枚一枚全て手書きです。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

Gallery YDS (京都)
http://www.takahashitoku.com/gallery-yds-home.html
http://kyoto-yds.jugem.jp/?eid=106
============================
茶人 珮如(ペルー) ~台湾茶と道具展~ 2015 / 6/13 ~ 6 /21

茶人ペルーさんとの出逢いは3年前の秋のこと、その美しく澄み渡る眼差しとお茶に向かう真っすぐで温かな心を持ったお茶人さんは、台湾でお茶が作られている事すら知らなかった私に、初めて目の前にする異国のお茶への不安や疑問も抱かせる事無く、ごく自然に向き合うように台湾茶道の世界を教えてくれました。 気がつけばギャラリーYDSでペルー先生の茶道教室を始めて早二年。積み重ねて来た出会いが縁を結び、多くの皆様の支えのもと今回の展示を開催させて頂きます。現在 国内外を問わず第一線の場で活躍している10名の作り手さん、そして京都の骨董店「幾一里」さんに集まっていただき、初めての台湾茶道具の展示販売となります。台湾で生まれたペルーさんが日本に移り住んで19年。二つの国に根付く大切な文化を、心から理解することが出来る彼女だからこそ導き出せるお茶の世界が存在しています。茶の湯に映り込む白い雲が初夏を感じさせてくれる6月、茶席を彩る様々なお道具と、これから未来に向けて広がりゆく台湾茶道の世界を、皆様にもご堪能頂きたいと思います。
Shop & Gallery YDS  店主

【 出品作家及び骨董店 】
荒川尚也(硝子)  安齋賢太(陶器)  市川孝(陶磁)  鎌田奈穂(金属)
升たか(陶磁)  佃眞吾(木工)  中尾郁夫(磁器)  原田譲(磁器)
三笘修(陶磁)  幾一里(骨董)  鈴木猛利(書家)

============================

◆開 催 期 間 :2015年6月13日(土)~6月21日(日)
◆時   間 :11:00~18:00 最終日は17:00時迄
◆場  所 :ショップ&ギャラリー YDS
============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Home BLOG 茶辞【艸人木】